宅地建物取引士=宅建士の資格試験の概要

宅地建物取引士略して宅建士とか宅建とか呼ばれることが多い資格です。

不動産業界からマンションデベロッパーなどに需要の高い資格です。

さらに、もっと難しい法律系の資格を受ける前の法律系の入門資格としても人気の宅建。

年々受験者数も増えている宅建なんですが、よく聞く宅建とはどのように行われる試験なのでしょうか。

宅建士はどの様に受験し、どれぐらいの合格点で、どれぐらいの合格率なのかまとめてみました。

宅建士とは?

宅建士とはどのような資格なのか宅建士の概要をご紹介します。

宅建士とは?

宅建=宅地建物取引士とは?
宅建とは?:不動産取引のエキスパート 宅建、宅建士、正式名称は宅地建物取引士です。 宅建士は、建物や土地の売買、交換や賃借の契約をする際に、その当事者に重要事項の説明を行う事を独占業務として行う国家資格者です。 独占業務とは、...

宅地建物取引士=宅建士資格試験の試験日

毎年10月の第三日曜日に試験が実施されます。

宅建 試験 申し込みや試験日時などの情報
宅建士の資格試験日程は、毎年、ほぼ決まっています。 私は、宅建を取ろうと思った時期が遅かったので、急いで願書を取りに行った覚えがあります。 現在ではインターネットで簡単に申し込めるようです。 毎年1...

宅地建物取引士=宅建士の合格点・合格ラインは?

宅建士は年間20万人以上が受験する大人気資格です。

では、宅建士の合格点・合格ラインは32点~37点と言われています。

宅建士試験の合格点・合格ラインの詳しい記事

宅建 試験の合格点・合格ラインは何点?
宅建士・宅地建物取引士の資格試験は何点とれば合格できるのでしょうか?受験する前よりも、受験してからの方が気になる合格点。満点やゼロ点より、ボーダーラインの人が多いのが資格試験です。どれぐらいの点数を取ると合格できるのか気になりますよね。ギリギリかなぁって見ている人は多いと思います。

宅地建物取引士=宅建士の合格率は?

年間20万人以上が受験する資格と書きましたが、

宅地建物取引士=宅建士の合格率はどれぐらいでしょうか。

宅建士の合格率は15~17%と言われています。

宅建士の合格率の詳しい記事

宅地建物取引士=宅建士の合格率
宅建士の受験者数は増えています。社会情勢が変化しても、有用な資格を持っているメリットは大きいですよね。様々な法律資格の登竜門として勉強している方もいるのが事実。増えていても需要も増えているので持っておいて損はない資格です。

宅地建物取引士=宅建士の試験で出題される科目

宅地建物取引士=宅建士の試験に出題される範囲を解説します。

宅建士の出題範囲は民法・宅建業法などを始め、多くの法律から出題されます。

全部を勉強しようとすると範囲は広大となります。

宅建試験の出題範囲と科目を説明・科目別の出題数

宅建試験の出題範囲と科目を説明・科目別の出題数もご紹介
宅建は、不動産業界には無くてはならない仕事です。 そのため、就職するときに有利となる資格で、正社員として働くためにも強い武器に資格です。 そんな宅建ですが、どんな資格なのでしょうか。 まず、宅建の試験科目についてみていきま...

宅地建物取引士=宅建士の資格試験での出題範囲は大きく分けで4つの分野から出題されます。

宅建業法

宅地建物取引士=宅建士が必ず従わなければいけない法律です。

宅建士とはどんな人で、どんな資格が必要かが書かれています。

試験でも数多く出題される法律分野です。

宅建資格試験問題宅建業法の特徴
宅地建物取引業法宅地建物取引業法、いわゆる宅建業法は、試験科目の中で中心となる科目です。宅地建物取引業法は、86条です。民法は1000条を超えていて、10倍の分量があります。これで出題数が同じであれば、問題の覚える量は単純に考...

民法

私たち一般の国民が一番触れる事の多い法律です。

取引や契約から婚姻まで幅広く書かれています。

範囲も広く、必要となる知識も多いのが民法です。

宅建資格試験問題権利区分の特徴
権利関係の問題では、私は禁じ手を推奨しています。 禁じ手は、資格予備校だけでなく、多くの本でも言わないと思います。 実務的には必要ですが、試験では切り捨ててもOKな所は切り捨てる。 実務についてから勉強...

法律上の制限

土地や建物を利用したり立てたりするときに守らないといけない法律上の制限が宅建士の試験には出題されます。

薄く広く出題されるのが特徴です。

宅建資格試験問題宅建業法の特徴
宅地建物取引業法宅地建物取引業法、いわゆる宅建業法は、試験科目の中で中心となる科目です。宅地建物取引業法は、86条です。民法は1000条を超えていて、10倍の分量があります。これで出題数が同じであれば、問題の覚える量は単純に考...

税・その他

宅地建物取引士が業務を行う上で必要な法律や知識が問われます。

意外と得点しやすい科目です。

範囲はとても広いので、効率よく勉強する事が必要です。

宅建資格試験問題で出題される税とそれ以外の項目
税法宅建主任者試験で出題される税に関する事項は意外と範囲が広いのが実状です。以下に示す税法が範囲になります。 不動産取得税 固定資産税 所得税 印紙税 登録免許税 贈与税不動産取得税不動産取得税は家や土地を取得した際...

宅建資格試験で100%絶対出題する項目はこれだ!

宅建試験は、何度も出される問題が多いのが特徴です。

宅地建物取引士として実務で問われる項目は絶対に試験に出さないといけないですよね。

絶対に業務で必要な項目は何度も繰り返し毎回出題されます。

宅建資格試験で100%絶対出題する項目はこれだ!

宅建資格試験で100%絶対出題する項目はこれだ!
宅建士試験は、かなり科目範囲の広い試験といえます。 全てを網羅して、100%正解を導き出そうとすると時間がいくらあってもたりません。 私が4ヶ月で宅建に合格できたのは、出ない問題を切り捨て、出る問題に...
タイトルとURLをコピーしました