宅地建物取引士=宅建士の合格率

宅建士の受験者数は増えています。

社会情勢が変化しても、有用な資格を持っているメリットは大きいですよね。

様々な法律資格の登竜門として勉強している方もいるのが事実。

増えていても需要も増えているので持っておいて損はない資格です。

宅建士は難しくない資格だと言われますが、合格率を見てみると難関国家資格に比べると高くなっています。

と言っても、合格率20%を切ると簡単には通れない資格と言われています。

宅地建物取引士=宅建士の合格率は何%

宅建士試験の合格率は過去20年間の平均

16.3%

となっています。

合格率は上は17%から下は15%前半までばらついています。

過去20年の宅建士試験の合格率

平成12年 2000年 15.4
平成13年 2001年 15.3
平成14年 2002年 17.3
平成15年 2003年 15.3
平成16年 2004年 15.9
平成17年 2005年 17.3
平成18年 2006年 17.1
平成19年 2007年 17.3
平成20年 2008年 16.2
平成21年 2009年 17.9
平成22年 2010年 15.2
平成23年 2011年 16.1
平成24年 2012年 16.7
平成25年 2013年 15.3
平成26年 2014年 17.5
平成27年 2015年 15.4
平成28年 2016年 15.4
平成29年 2017年 16.3
平成30年 2018年 15.6
令和元年 2019年 17

受験者数は、190,000人弱から220,000人となっています。

少しづつ増えてくる傾向にあって、昨年は220,000人」になりました。

合格者数を一定にする様な感じはありません。

合格率は数年単位で平均である16%程度になる様にしているのかとも思われますが、

根拠は一切ありません。

まとめ

建物取引士=宅建士の資格試験合格率は平均は16.3%!

受験者数は年々増加中。

昨年度は220,000人が受験!

コメント

タイトルとURLをコピーしました