宅建の資格 合格するための勉強時間はどれぐらいか?

私の場合、4ヶ月の勉強時間で宅建に合格しました。

4ヶ月って、宅建の勉強期間としては短い方だと思います。

しかも、独学ですから。

では、一般に、宅建に合格するにはどのぐらいの勉強期間が必要なのでしょうか。

調べて、まとめてみました。

宅建士資格試験の勉強時間はどれぐらいの期間・日数で合格できるのか時間と難易度

宅建主任者資格試験はどれぐらい勉強すれば合格できる?

宅建主任者試験の勉強時間は、250時間必要とか、300時間と言われています。

300時間って、1日2時間勉強したとして、150日ですよね。150日と言うことは、1ヶ月30日ですから5ヶ月って事になります。

1日2時間です。2時間なら作り出せますよ。

もし、3時間勉強すれば、100日!3ヶ月です。もちろん、300時間って言うのはただの数字です。

誰もが皆300時間勉強したからと言って合格するものではありません。

何も考えず闇雲に勉強したのでは、300時間勉強しても、いや、400時間勉強したとしても合格できないでしょう。

私は、サラリーマンです。

使える時間は仕事が終わって帰宅してからの時間と言う事になります。

帰宅し、食事をし、風呂に入って寝る。睡眠時間もちゃんととらないと頭に知識が入っていきませんから、睡眠は取らないといけません。

すると使える時間はかなり少なくなります。工夫して時間をやりくりしないと勉強時間は作りだせません。

私は、法律の勉強は初めてでした。

法律の勉強が初めての状態から、4ヶ月の勉強で宅建主任者試験に一発合格しました。

時間を工夫し、勉強方法を工夫すれば4ヶ月の勉強で宅建主任者試験合格は可能です。

勉強法を工夫すれば、短期間で合格率15~17%の宅建(宅地建物取引主任者)に合格することは可能なのです。

そのノウハウをこのサイトを通じてお教えしようと思っています。

宅建主任者資格試験って難しい?

宅建主任者試験は、所謂実務者試験です。

選抜試験って訳では無いのです。

合格者を限定するための試験ではなく、宅建主任者を名乗る知識を持つ人かどうかを見極める試験です。

ですので、決して難しい試験と言うわけではないのです。

ただ、宅建主任者に必要な知識をしっかりと身に着けていなければなりません。

実務資格試験の中でも実用的な資格となってくるのは合格率20%を切ってくる資格だと思います。

合格率が20%を切ってくると難しいとは言わないまでも、かなり勉強しなければいけない資格となります。

宅地建物取引主任者試験は合格率が15%~17%の資格なので、最難関の資格ではないけれども簡単な資格でないことは明白です。

しかし、実務者試験は必要な知識さえしっかり身につければ合格は可能です。

宅建主任者試験に合格しよう

簡単とは言い難い宅建主任者試験ですが、短期合格できない資格ではありません。押さえなければならない問題をしっかりと押さえることで合格レベルに入ることができる資格です。

私は4ヶ月で合格しました。4ヶ月間、一日2時間から3時間勉強しました。と言っても土日はサボることもしばしばでした。

たぶん私より真面目な人であれば合格は可能かと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました