宅建は独立系資格?

ある意味独立もできる資格です。

独立系資格ってどんな資格でしょう?
司法書士、行政書士、公認会計士、税理士、社会保険労務士もちろん弁護士。この様ないわゆる士資格。
士業とも言います。ここに並べた資格は、非常に難しい資格になり、名称独占や業務独占ができる資格です。
業務独占が
士資格は、その資格で開業、独立することが可能な資格です。

では、宅建はどうでしょうか?最近の宅建資格試験は、合格率が一桁に近づき難しくなってきています。
しかし、宅地建物取引主任者、この主任者と士ではかなりの差がでてきます。
宅建も、宅建しかできない業務がありますが、この主任者と言うのは誰かに雇われることを前提とした資格になると勝手に私は思っています。

宅建業は、宅地建物取引主任者で無くても行うことができます。だから、自分の名称を利用して開業、独立を行うことができません。
ただ、宅建業を行うためには、宅地建物取引主任者を雇う必要があり、自分自身が資格を持っていれば一人でも宅建業を行うことができますので、
不動産業として独立することが可能となるので、ある意味独立できる資格となるかもしれません。

不況の昨今、リストラや派遣切りなど労働を取り巻く環境は悪化しています。資格は、そんな時代をサバイブする武器になります。
就職に有利、不動産業者として独立することも可能な優良資格それが宅建です。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です