宅建の資格手当ては結構高い!

各企業は資格手当てを設けています。

資格手当ては、その資格の需要と供給を表しているって言えますね。

多くの資格手当てが付く資格は、需要が高いと言えます。

それと、よそに行かないように囲っておくためもあるでしょう。

宅建手当てを見てみた。

求人情報サイトなどでは資格手当てが表示されています。

A社の場合

宅建主任者手当 30,000円/月
マンション管理士 30,000円/月
管理業務主任者 30,000円/月

B社の場合

宅地建物取引主任者(3万円)、インテリアコーディネーター(1万円)
不動産鑑定士(5万円)、不動産コンサルティング技能登録者(1万円)
二級施工管理技士(1万円)、一級施工管理技士(2万円)
二級建築士(4万円)、一級建築士(5万円)

C社の場合

資格手当(管理業務主任者/1万円、マンション管理士/5000円 他)

D社の場合

技術手当(管理業務主任者:月額1万円/マンション管理士:月額1万円)

E社の場合

宅地建物取引主任者 1万円
管理業務主任者 3千円
マンション管理士 8千円
TOEIC800点以上 1万円

上記のようになっています。

その他の資格と比べてみても、結構高いですよね。

マンション管理士と宅建では、マンション管理士の方が難しいと言う話もあります。

しかし、ほとんどの場合手当ては同等か、それ以上。

受験資格の無い資格の中では最も高い手当てと言えるでしょう。

これも、宅地建物取引主任者しかできない業務が存在しているからですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です