AVIVAの宅建講座

消費生活専門相談員

公開日: : 最終更新日:2014/03/26 気になる資格

経済企画庁長官の認可を得た事業

消費生活相談に的確に答えることができるように、一定水準以上の知識と能力を持ち合わせていることを、独立行政法人国民生活センターの理事長が認定するものです。

移り変わりの激しい世の中で、的確に対応するためか、有効期限が設けられています。

 

有効期限は5年間

所定の手続きで更新できます。

 

合格率:25.4%

 

受験日

第1次試験 平成24年9月29日 土曜

 

受験資格

年齢、性別、学歴等を問わず誰でも受験できる。

 

出題範囲

(1)消費者問題に係わる一般常識

(2)消費者行政に係わる知識

(3)消費生活に係わる経済知識

(4)消費者問題に係わる基礎的な法律知識

(5)消費生活上の商品・サービスに係わる知識

(6)消費生活相談に関連する基礎的知識

 

出題形式

1次試験

(A)択一式及び○×式筆記試験(解答はマークシート、全200問、各問1点)

(B)論文試験

 

2次試験

面接試験

 

受験料

11260円

 

出願期間

平成24年7月2日(月曜)~8月6日(月曜)必着

 

申込書提出先

〒108-8602

東京都港区高輪3-13-22

独立行政法人国民生活センター 資格制度室

電話03-3443-7855(直通)

 

免除事項

前年度の1次試験に合格しているものは、次年度の1次試験免除。

 

問い合わせ先

国民生活センター

 

各地方自治体の消費者生活安全センターや生活相談センターなどで求人がある。

この求人への応募資格が
消費生活専門相談員、消費生活アドバイザー、消費生活コンサルタントとなっている。
非常勤職員ではなるが、準公務員と言う事になるようだ。

 

スポンサーリンク

関連記事

no image

気になる資格弁理士・・・弁理士業務とは?

様々な士業があります。 これらの士業は、全てその士業を規定する法律が存在しています。 弁

記事を読む

no image

知的財産権とは?

知的財産が注目されているって言われています。 さて、知的財産ってなんでしょうか? 最も有名な知的

記事を読む

no image

注目資格!弁理士とは?

弁理士ってご存知ですか? 弁護士とは違います。 弁理士です。 知的財産は年々重要に

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
借金整理

最近の弁護士や司法書士の仕事の中で、債務整理が増えていますね。

no image
プロが選んだ手帳ベスト5 まつこの知らない世界で紹介

そろそろ手帳を買い換える季節! 1年の計画をたてるためにも手帳は必需

no image
宅地建物取引主任者が宅地建物取引士へ

宅地建物取引士へ衆議院可決 宅地建物取引主任者の名称を宅地建物取引士

no image
宅建合格者だからこそ登録できる競売不動産取引主任者

できて間もない資格競売不動産取引主任者とは 競売はご存知でしょうか?

宅建業
2014年度 宅建試験日程決定

2014年度 宅地建物取引主任者試験実施を10月19日に決定 不動産

→もっと見る

PAGE TOP ↑