AVIVAの宅建講座

宅地建物取引主任者が宅地建物取引士へ

宅地建物取引士へ衆議院可決

宅地建物取引主任者の名称を宅地建物取引士へ改変し、地位向上をはかる法案が衆議院を通過しました。

中古住宅市場での関係者との連携をはかるうえで、宅建主任者の重要性が増していることを踏まえての、士業への改変と言う事です。

不動産業者の質を向上させる事と、暴力団などとの関わりを断つ事が目的の一つのようです。

公正、誠実な業務遂行や、品位やモラルの向上が記載されるようです。

サムライ業になると言う事は、近い将来宅地建物取引士法なんてものができるかもしれません。

現在は、宅建業法などで規定されているわけですが、士法が制定されると罰則の厳罰化が行えます。

また、欠格事由も厳しくなるかもしれません。

もちろん現在の事ではなく、将来的なことです。

縛りの強化とともに地位向上もはかられるわけです。

地位向上とは、既得権とも絡むため、現在資格を所持している人は、そのまま士を名乗れると思われます。

それと共に、資格試験は難しくなる可能性もあります。

今後の動向次第では、今年の宅建試験に合格するかしないかで大きく内容が変わる可能性も出てくると思われます。

 

 

 

スポンサーリンク

関連記事

no image

宅建主任者試験、不況背景か?志願者増加!!

不動産適正取引推進機構は、2012年度試験のインターネット申し込み受付状況を発表。 それによる

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
借金整理

最近の弁護士や司法書士の仕事の中で、債務整理が増えていますね。

no image
プロが選んだ手帳ベスト5 まつこの知らない世界で紹介

そろそろ手帳を買い換える季節! 1年の計画をたてるためにも手帳は必需

no image
宅地建物取引主任者が宅地建物取引士へ

宅地建物取引士へ衆議院可決 宅地建物取引主任者の名称を宅地建物取引士

no image
宅建合格者だからこそ登録できる競売不動産取引主任者

できて間もない資格競売不動産取引主任者とは 競売はご存知でしょうか?

宅建業
2014年度 宅建試験日程決定

2014年度 宅地建物取引主任者試験実施を10月19日に決定 不動産

→もっと見る

PAGE TOP ↑