AVIVAの宅建講座

平成25年度宅建資格試験は少し優しくなっています

2014年宅建試験の難易度

平成25年度の宅建試験について不動産受験新報に難易度が記載されています。

不動産受験新報によると、

権利関係→前年と同程度

法令上の制限→前年より少し難しい

宅建業法→前年より少し易しい

税その他→前年より少し易しい

との事です。

これは、大きく区分けして、1問難問が増えたからと言うのではなく、判断しているそうです。

そして、全体の50問として判断したときは、少し易しくなっている

と言う判断です。

24年度の合格点が33点程度と言われています。

25年度は、おそらく35点から36点であると言われています。

合格点が増えると言う事は、間違える事ができないと言う事ですね。

取れる問題を確実にとっておかないといけない事になります。

難易度による勉強方法

難易度の変化とともに勉強方法も変化する必要があります。

合格点が上がる場合、宅建業法以外の問題でも特典が必要となります。

法令上の制限などの覚えやすい問題は確実に取る様に勉強しましょう。

権利関係も、判例等の関わらない基本問題は対応する様にしましょう。

ただ、26年度も問題が易さしく、合格点が高く設定されるとはかぎりません。

 

スポンサーリンク

関連記事

kosumondai

宅建試験に個数問題が増えている

平成25年度宅建試験問題は、個数問題が5問 平成25年度宅建試験を見てみると、個数問題が5問と

記事を読む

宅建業

2014年度 宅建試験日程決定

2014年度 宅地建物取引主任者試験実施を10月19日に決定 不動産適正取引推進機構は、2014年

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
借金整理

最近の弁護士や司法書士の仕事の中で、債務整理が増えていますね。

no image
プロが選んだ手帳ベスト5 まつこの知らない世界で紹介

そろそろ手帳を買い換える季節! 1年の計画をたてるためにも手帳は必需

no image
宅地建物取引主任者が宅地建物取引士へ

宅地建物取引士へ衆議院可決 宅地建物取引主任者の名称を宅地建物取引士

no image
宅建合格者だからこそ登録できる競売不動産取引主任者

できて間もない資格競売不動産取引主任者とは 競売はご存知でしょうか?

宅建業
2014年度 宅建試験日程決定

2014年度 宅地建物取引主任者試験実施を10月19日に決定 不動産

→もっと見る

PAGE TOP ↑