平成25年度宅建資格試験は少し優しくなっています

2014年宅建試験の難易度

平成25年度の宅建試験について不動産受験新報に難易度が記載されています。

不動産受験新報によると、

権利関係→前年と同程度

法令上の制限→前年より少し難しい

宅建業法→前年より少し易しい

税その他→前年より少し易しい

との事です。

これは、大きく区分けして、1問難問が増えたからと言うのではなく、判断しているそうです。

そして、全体の50問として判断したときは、少し易しくなっている

と言う判断です。

24年度の合格点が33点程度と言われています。

25年度は、おそらく35点から36点であると言われています。

合格点が増えると言う事は、間違える事ができないと言う事ですね。

取れる問題を確実にとっておかないといけない事になります。

難易度による勉強方法

難易度の変化とともに勉強方法も変化する必要があります。

合格点が上がる場合、宅建業法以外の問題でも特典が必要となります。

法令上の制限などの覚えやすい問題は確実に取る様に勉強しましょう。

権利関係も、判例等の関わらない基本問題は対応する様にしましょう。

ただ、26年度も問題が易さしく、合格点が高く設定されるとはかぎりません。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です