宅建主任をヤマダ電機が大量求人

ヤマダ電機のエスバイエルの子会社化による、スマート住宅への進出は、もうすでにテレビCMでもさんざん流れています。

ヤマダ電機は、各店舗で住宅販売やリフォームの相談に乗り出しています。

そして、今、ヤマダ電機が宅建主任者の求人を大量にだしています。

住宅販売やリフォームに宅建が絡むって訳ではないですよね。

想像数に、ヤマダ電機はエスバイエルを使って、パワービルダー化していくのではないかと想像します。

つまり、ヤマダ電機タウンをあちらこちらに作るのではって事です。

その為には宅建主任が店舗にいて、店舗の一角で契約し、重要事項の説明ができないといけませんよね。

 

そもそも、ヤマダ電機が攻めの経営に出ている事は確かです。

売れるのを待つより御客様を取り込んでいく。

現在は、住宅関連製品が家電量販店で売られています。

太陽光発電やオール電化商品がそれです。

この住宅関連商品、正直売り上げ額がハンパナイですよね。

 

少なくても40万からの商品は家電ではなかなかありません。

しかも、住宅その物を売る事で、全ての住宅関連家電を取り込めます。

住宅自身がかなりの高利益商品です。

更に、住宅関連家電は高利益。

この二つで稼ぐとかなりの売り上げになるでしょう。

 

ヤマダ電機は、日本最大の家電量販店。

売り上げ2兆ですか??

こんな会社に就職する機会が宅建主任に開かれているんですね。

 

この分野、景気の回復とともに住宅着工が増え始めると、更に宅建の需要が増えると予想されます。

今年取っておくと、来年以降の需要に乗れますよ!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です