宅建資格試験の勉強に役立つ、記憶の不思議

宅建を独学で取得するために・・・

サバン症候群ってご存知ですか?

脳の一部に障害って言うか、機能不全な箇所があるため、ある意味天才となっている人たちがいるのです。

例えば、一度見た数字の羅列を全て記憶してしまう人たち。

あるいは、ちょっと見た景色を後で忠実に書ける人。

また、一度聞いた音楽を全て完璧に引ける人。

などなど。

 

人間の記憶を全て引き出せる人たちです。

機能不全がある脳の部位で、発揮できる能力は変わってくるのですが、共通点があります。

共通点は、一度で記憶し、全てを思い出せるって点です。

 

全てを一瞬で記憶する。

これは、サバン症候群の人たちに特有のことなのでしょうか?

人間の記憶は、生まれてからの全てを記憶しているって説があります。

人間の脳の90%は使われていないと言われています。

その使っていないと思っている90%に人生の全てが記憶されていると言う説です。

サバン症候群の人たちは、この生まれてからの全ての記憶にアクセスして取り出せる人たちなのではないでしょうか。

 

動物は、周辺の危険を警戒しながら行きています。

脳の回転も最大限にしないと敵に襲われて死んでしまいます。

ですから、アクセスできる記憶を制限していないと、脳の処理速度は遅くなるし、たまにフリーズしてしまいます。

 

リソースを使いすぎているパソコンの様になるのです。

このリソース不足を回避するため、瞬時にアクセスできる記憶を制限していると思われます。

サバン症候群の人たちは、アクセス制限が外れてしまっている人たちと言えます。

 

そう、人間は記憶できないのではなく、思い出せないのです。

私は何度勉強しても記憶力が悪くてって人は言います。

でも、記憶力は無意識の中でちゃんと備わっていると思われます。

思い出せないだけなのです。

 

記憶力の良い人たちは、思い出す能力を訓練している人たちと言えます。

勉強して、何度も何度も繰り返すと思い出せる様になります。

これは、何回もやっていると覚える訳ではなく、何回も繰り返しているうちに思い出す事が出来る様になるのです。

何回もやって、思い出せる事を確信できるようになると思い出せるのです。

 

人は、できるって思うとできるのです。

何回もやっているのは自信をつける為なのです。

普段は思い出せるのに、テストだと思い出せないって事ありますよね。

これは、テストになると自信を失うからです。

思い込めれば潜在記憶にアクセスできるのです。

 

普段から、思い出せると自分に思い込ませる事で、思い出せる様になっていきます。

テストですらすら問題を思い出している自分を普段から想像しておきましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です