100点狙ってませんか?宅建は100点で無くても合格します

資格の勉強は、学問を究めるのとは違います。

完璧でなくてもいいのです。

人数制限されている超Sクラス資格は別として、資格によっては70%以上が合格と記されているものもあります。

 

宅建も、65%〜70%正解すれば合格します。

場合によっては60%超でも合格できる場合もあります。

そう、合格さえしてしまえば、100点合格でも、65点合格でも同じです。

 

ところが、100点目指してしまいます。

合格ラインを超えていればいいのです。

ネットで見つけた体験談にも書かれていました。

 

「社会人に多いのは、学生の頃より金銭的に余裕がある分、参考書を買いためて満足してしまう人。参考書の数は多くても一科目につき1冊で十分。満点を目指さず、必要最低限の内容を確実に理解することが、短期合格の近道です」

 

この方も書いておられるように、満点を目指さず、必要最低限を確実に理解する。

そう最低限を確実にです。

 

買う参考書もいろいろ買っても仕方ないですよね。

私の場合は、問題集の解説欄にいろいろ書き込みました。

問題を解くたびに読みますので、覚えますよね。

 

ここに、基本事項を充実させます。

何回も、問題解いては、基本事項も確認します。

そして、覚えて行くわけです。

 

基本命!そして、必要最小限を確実にです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です