宅建主任試験の出題範囲はこんな感じ!

試験概要

  • 土地の形質、地積、地目及び種別並びに建物の形質、構造及び種別に関すること。
  • 土地及び建物についての権利及び権利の変動に関する法令に関すること。
  • 土地及び建物についての法令上の制限に関すること。
  • 宅地及び建物についての税に関する法令に関すること。
  • 土地及び建物の需給に関する法令及び実務に関すること。
  • 宅地及び建物の価格の評定に関すること。
  • 宅地建物取引業法及び同法の関係法令に関すること。

出題科目

  • 権利関係
  • 法冷上の制限
  • 宅地建物取引業法
  • その他法令

上記の項目を具体的な科目にすると上記になります。
試験概要に書いたものと、出題科目は同様のものです。
更に細分化して具体的法令範囲にしてみると・・・

出題法令

  • 権利関係
    • 民法
    • 借地借家法
    • マンション法
    • 不動産登記法
  • 法冷上の制限
    • 都市計画法
    • 建築基準法
    • 国土利用計画法
    • 農地法
    • 土地区画整理法
    • 宅地造成等規制法
    • 諸法令
  • 宅地建物取引業法
  • その他法令
    • 宅地、建物に関する税
    • 鑑定評価、地価公示
    • 統計
    • 取引の知識、景表法
    • 土地、建物

上記のように多数の法令に範囲があります。これらの法律全てをマスターすることは大変な努力を必要とします。
短期合格するためには、取捨選択が必要です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です