AVIVAの宅建講座

基本書を手放せ!

公開日: : 最終更新日:2013/09/04 宅建資格試験私の勉強法

基本書を手放せ!

私は最初、試験の勉強は基本書(教科書)を読み、どれだけ覚えたかを問題を解いてテストし、覚えていなければもう一度基本書を読むと言うものでした。

所が、何回基本書を読んでも間違える。覚えていないわけではないのに問題を解けない場合が多く存在しました。

まず第一に、基本書で書いてあることと、本当に出題される問題との間に大きな隔たりを感じました。

基本書に書かれている事は、包括的に法規の考え方について解説しているのですが、問題自体は主眼の置かれている法令が1つではない場合も多いのです。

こうなってくると、全部の章を読んで、ほとんどの法令を覚えた後でないと問題を解いても正解しないことになります。

しかし、その頃には最初の項目は忘れてしまっています。

まず、過去問を!

過去問題集中心に勉強しようと考えたのはこの頃でした。

最近では、資格予備校とも言える学校がたくさんあります。この様な学校が出版している過去問題集を覗いてみたことがありますか?

この様な過去問題集は問題の解説が細かく書いてあります。この解説を見ただけで基本書を見なくても、なぜ間違えたのかが理解できます。

中には、覚え方や、問題出題の着眼点なんかも書かれたものがあります。

私は、この解説が充実した過去問題集を活用した勉強を行うことにしました。

中には、基本書を一度も読まずかなりの正解率を出した教科もありました。基本書を手放した方が効率的では?そう言う考えに至りました。

スポンサーリンク

関連記事

no image

宅建勉強手順1

過去問学習のすすめ まず、一回目の過去問演習を行ってください。 この時の学習方法は 過

記事を読む

no image

宅建資格試験は、一問一答問題集で勉強するのがオススメ

1問1答問題集を利用しよう 最初に、宅建主任者試験の勉強は過去問制覇で十分です。 何度も

記事を読む

no image

正解率による考察

2010年宅建試験正解率に見る勉強方法の考察 2010年度の宅地建物取引主任者試験の正解率が出てい

記事を読む

no image

本当に出題される問題とのギャップを知る

実際にはこう出題されるのか!?が大事 実際の出題問題は、法律条文や政令を全て暗記していても解けませ

記事を読む

no image

隙間時間を利用して勉強しましょう

隙間時間活用しよう。 皆さん、今何をされていますか。 私は、宅建主任者を取得した当初も今もサ

記事を読む

no image

宅建資格試験を4ヶ月度合格した私は、暗記が苦手

暗記が下手な私の勉強法 私は、高校の成績も悪く、特に暗記科目が苦手!英語にいたっては偏差値38

記事を読む

no image

宅建資格試験は過去問から勉強しろ

過去問学習のすすめ 私は、過去問を中心に学習することをお勧めしています。 では、具体的な学習

記事を読む

no image

正解率による考察2

2010年宅建主任者試験正解率に見る民法の考察 一部を除き民法は捨てよ!です。 いきなり何を書く

記事を読む

no image

宅建勉強手順3,4

手順3:通して解く 各科目が一通り終わったら、全科目通して解いていきましょう。 民法などは、

記事を読む

no image

宅建資格試験短期合格のために私がした勉強法

短期合格のためには初めが肝心! 勉強の最初、導入部が大切です。 なんの事がわからない、ただ基

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
借金整理

最近の弁護士や司法書士の仕事の中で、債務整理が増えていますね。

no image
プロが選んだ手帳ベスト5 まつこの知らない世界で紹介

そろそろ手帳を買い換える季節! 1年の計画をたてるためにも手帳は必需

no image
宅地建物取引主任者が宅地建物取引士へ

宅地建物取引士へ衆議院可決 宅地建物取引主任者の名称を宅地建物取引士

no image
宅建合格者だからこそ登録できる競売不動産取引主任者

できて間もない資格競売不動産取引主任者とは 競売はご存知でしょうか?

宅建業
2014年度 宅建試験日程決定

2014年度 宅地建物取引主任者試験実施を10月19日に決定 不動産

→もっと見る

PAGE TOP ↑