宅建合格者だからこそ登録できる競売不動産取引主任者

できて間もない資格競売不動産取引主任者とは

競売はご存知でしょうか?

宅建を受けようとする人、宅建に合格している人はご存知だと思います。

その競売の専門家として登場したのが競売不動産取引主任者です。

不況が続く時代に、競売は不動産を手に入れる手段としても人気となりました。

この時、競売がわからない人に変わり競売の入札等を代行する競売代行業を行う人が出てきたのです。

何の資格も無く、法規制も無いため、誰でも競売代行業を行う事ができます。

そのためにトラブルが多くなっていたのです。

そのトラブルを防ぐために、一定の知識と能力の資格制度をスタートさせたのです。

競売不動産取引主任者概要

2011年より3回行われています。

合格率は40%程度。

現在はまだ合格しやすい資格と言えます。

第1回第2回は、受験資格に宅建合格者であることと言う制限がかけられていました。

第3回からは、制限が外されて、誰でも受験できる様になりました。

願書配布期間は8月1日から10月31日まで。

試験日は12月7日です。

合格後、登録には宅建合格が必要であるため、実質は宅建に合格している人のための資格となります。

収益物件で人気の競売物件

収益物件などを手に入れる時競売は魅力的です。

そのために、需要は高まっていると言えます。

今のうちに競売の専門家になっておけば、ビジネスとして有利になる可能性は高いです。

合格率から言って、今のうちに取得しておくべき資格でしょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です