宅建資格試験問題で出題される税とそれ以外の項目

税法

宅建主任者試験で出題される税に関する事項は意外と範囲が広いのが実状です。
以下に示す税法が範囲になります。

  • 不動産取得税
  • 固定資産税
  • 所得税
  • 印紙税
  • 登録免許税
  • 贈与税

不動産取得税

不動産取得税は家や土地を取得した際には必ず払う税金です。

宅建主任者は、建物や土地の売買を仲介することがあります。仲介した場合にも説明する部分ですので、出題される傾向は高いといえます。

特に、課税の対象不動産は何かやだれが納税義務者か、課税標準や税率はよく出題される部分です。

固定資産税

不動産は、買ったときだけに税金を払えばいいと言うわけではありません、購入後も払い続ける税金があります。

それが固定資産税です。

宅建主任者に関係が深い税金であるため、出題される可能性が高いといえます。

特に、納税義務者、税率、課税標準の特例などはよく出題される項目です。

所得税・ローン控除

所得税は、サラリーマンが意識をしなくても納税している税金です。

国民のほとんどが払っている税金ですね。

しかし、不動の取得に関係がある部分が存在しています。

それが、ローン控除です。

家を買ったらローン控除しない人はいませんね。

年末調整でかえってくるお金があることは嬉しいことです。

現在も住宅を購入すると10年間所得税が控除されます。

この控除は、確定申告しないサラリーマンには非常に大きな控除となりますね。

ですから、知識が必要と言えるのでしょう。

印紙税

不動産を取得する際には、色々と印紙税がかかります。

お金を借りるときにも印紙税がかかります。

なんだか何十にも税金を払っている気になりますね。

不動産を取得する際にローンを組まない人は少ないので、印紙税も必要な知識といえるのでしょう。

特に、課税文書、記載金額、非課税文書などの項目が出題されます。

登録免許税

不動産を取得することは税金を払うことと言えるかもしれません。

本当に多重に税金を払います。

不動産を買って登記しない人はいません。

不動産などを登記するときに登録免許税が課税されます。

課税標準と税率、課税標準の特例などが出題されやすい項目です。

贈与税

不動産を購入する際、親族に頭金などを譲り受ける人も多いと思います。

この様に住宅購入資金を譲り受けた際は贈与となり、税金がかかります。

これを贈与税といいます。

出題率が低いですので、いくら以上課税されるか、税率などを覚えておくとよいようです。

税法も範囲の広い科目といえます。

しかも、変更点が多いので注意が必要です。

変更の時期によっては変更点の出題される率が上がりますので、改正には注意が必要です。

その他の関連知識

私の受験当時なかった科目となります。
住宅金融支援機構法、不当景品類及び不当表示防止法、不動産に関する統計、土地建物に関する知識などがその範囲です。

過去問が少ない状態です。

過去問を使用した勉強法がしにくいですね。

ただ、そう言う分野は基本事項をしっかり押さえると得点しやすい傾向があります。

特に、調べてみると、不当景品類及び不当表示防止法は正解率が高い箇所で、基本事項で得点できると多くの本に書いてあります。

不動産に関する統計は統計の暗記が必要になります。

出題されやすい所を試験前に暗記する必要が出てきます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です