宅建資格試験法律上の制限

法令上の制限

法令上の制限には、都市計画法、建築基準法、国土利用計画法、農地法、土地計画整理法、宅地造成等規正法などが含まれます。

法律上の制限も出題は基本的に単純知識を問う問題が多いのです。

一見覚えにくそうな事項も覚え方の工夫をすれば案外覚えやすい、そんな科目です。

図や表を使って整理して覚えてみてください。

いずれの科目も、基本事項に絞った学習を心がければ得点原にすることも可能です。

都市計画法

都市計画法は、都市計画区域、都市計画の内容、都市計画の決定手続き、開発許可、建築制限、都市計画制限、事業制限などの項目に分けることができます。

その中でも、開発許可と建築制限はよく出題される項目です。

この様に書くと、広大な出題範囲に、気が遠くなるかもしれませんが、実は出る場所が決まっていることが多いのです。実際に宅建主任者の業務にまったく関係の無いところを出すわけにもいきません。

都市計画法も、開発許可の要否、許可手続き、開発行為に伴う建築制限などの項目の項目がその項目になります。
過去に何回も出題された問題も多いので、過去問をこなすことで攻略は可能です。

建築基準法

建築基準法は、建築確認、用途制限が重要です。

なぜ重要か、建築確認や用途の制限は宅地建物の引渡し時などに説明が必要な項目だからです。

購入した用地にどの様な建物が建築できるかは重要ですよね。
この用途制限ですが、表などにして覚えると覚えやすいと思います。

あと、高さ制限や防火地域などが重要です。

北側に太陽が当たるようにしないといけない用地もありますので、勉強してみてください。

数字や項目が以上に多く、覚えにくい人もいると思いますので、表などにすることが重要です。

国土利用計画法

国土利用計画法は、土地取引で届出制で事後届出制と土地取引とは何かが対象となります。

農地法

農地の定義、3条許可、4条許可、5条許可などから出題されます。

一見、とっつきにくいと思われがちです。
しかし、出題範囲が限定されますので、点数をゲットしなければならない科目です。

土地区画整理法

区画整理に伴う、換地に関する事項が出題の中心です。

仮換地の法律、換地処分の法律、建築制限などが出題の中心になっています。

換地は、大規模な開発や道路の造成などで関連してくる事項です。

宅建主任者には関連がありますので、このあたりを中心に勉強しましょう。

宅地造成等規正法

出題されないこともある科目です。

この様な出題されても1問の科目は基本事項を押さえれば解くことができる問題がほとんどです。

基本事項をしっかり押さえましょう。

出題範囲が広大な法令上の制限です。

一見広くて勉強に苦労しそうですが、範囲が広い科目は同じ問題が出題されやすいです。

宅建主任者試験でこの様に広大な知識を問うのは少し行きすぎです。

ですので、同じような問題、同じ箇所の問題が多く出題されますので、過去問を中心に勉強することで、得点が可能です

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です