宅建資格試験問題権利区分の特徴

宅建主任者試験の特徴

宅建主任者試験は、過去問の丸暗記でもそれないりの点数を取ることが可能です。

もちろん、民法の物権変動や契約など暗記だけでは厳しい問題も出題されていますが、そのような問題をパスしても合格は可能です。

基本書など使わず、できるだけ詳しく解説の載っている過去問集を何回も読んで覚える。

それが合格への近道だと思います。

勉強時間だけ長く、何年も宅建主任者を勉強しているにもかかわらず合格できない人がいます。

そんな方たちが、私より頭が悪いとは思えません。
しかし、私は4ヶ月で宅建主任者試験に合格し、何年勉強しても合格できない人がいる。

これが事実です。

何年も宅建主任者試験を勉強しても合格しない方。

そんな方は、勉強する部分を間違っているんじゃないかと思います。

必要のない箇所、必要度の低い問題ばかり勉強していませんか?

民法の中の法律論のような問題。

物権変動で、図を描いてもわかりにくいような問題。

そんな問題をマスターしないと合格しないと思って勉強していませんか?

あなたは司法試験でも受ける気ですか?

司法書士試験を受けるつもりですか?

そんな難しい民法の問題は、宅建主任者合格に必要在りません。

私の宅建主任者試験での民法科目の問題正解数は必要最小限でした。

物権変動や権利問題のほとんどを落としました。

しかし、合格したのです。

特に、短期合格を狙う場合民法の難問を勉強する時間がもったいないです。

出る問題、60%近くの人が正解するような普通の問題を落とさず得点することが合格への近道です。

権利関係

権利関係には民法、借地借家法、不動産登記法、区分所有法などが含まれれます。

出題の中心となる民法では、単に知識を問うというより、理解の程度を試す出題が多くなされています。

そのため、難しく正解率が低い。

民法は宅建主任者試験で出題される法令の基礎となる法令です。

民法を攻略できればすごい力になることは間違いありません。

しかし、攻略には時間を必要とします。

攻略を始めるとしても、他の科目の過去問が合格レベルに達してから始めるべきです。

民法に深入りすると、思わぬ時間を費やしてしまうことになりかねません。

民法を勉強する際に必要な事は、宅建主任者試験の範囲に限定すること。

宅建主任者試験で出題される民法の範囲は限定されています。

必ず出題される部分も限定されているので、そこを中止に深入りせず勉強してください。

借地借家法、不動産登記法、区分所有法は、民法の特別法となります。

こららの、権利関係の特別法、借地借家法、不動産登記法、区分所有法は学び方を正しくすれば、得点を得ることのできる科目となります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です