宅建は独学の方が効率良く合格できる訳

宅建は、十分に独学で合格できる資格です。

以前に、資格予備校に通う方が短期間で合格できる。

その様な事を書きました。

しかし、宅建の場合は、独学の方が効率的に合格できると思います。

なぜ、宅建は独学の方が効率良く合格できるのか

宅建の問題は、難問を放棄しても受かる可能性が大きい試験です。

宅建には、不動産の購入者や、不動産の賃借人等に、契約の内容を説明する業務があります。

この業務は、宅建主任者の業務独占です。

その時、説明できる知識があるかどうかを見極める試験です。

決して、落とそうとしている試験ではありません。

だから、どうしても理論を勉強しないと解けないなんて問題は多くありません。

もちろん、皆無とはいいませんが。

予備校に言って、難しい理論を理解する必要があるかと言うと、必要ない様に思うからです。

はっきり言って、過去問を完成させれば合格圏内に達します。

だから、授業を聞いている間に、一問でも多くの問題を説いた方が合格率は上がると思われます。

ヤフー知恵袋のアドバイスにも・・・

ヤフー知恵袋に、宅建を独学で合格するためにアドバイスを求めた人がいます。

その人に、宅建を独学で合格した人からアドバイスが書かれていました。

今から勉強を始められるのなら、なるべく早く過去問に取り掛かれるように頑張ってください。

宅建は過去問をたくさん解いたほうがいいです。

初めに参考書を読むことから始められるなら、流し読み程度にしたほうがいいと思います。

と書かれています。

私と同じ考えの方とお見受けします。

まず、過去問から始める方がいいのです。

過去問学習で十分であれば、授業を聞く時間がもったいないと言えるのですね。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です