AVIVAの宅建講座

「 宅建資格試験私の勉強法 」 一覧

過去問はできるのに

テスト解答のちょっとしたテクニック 過去問中心の勉強法を勧めています。 ただ、過去問はできるのに、本番の問題だとできないって人が居ます。 色々な理由が考えられますね。 第一に、私も

続きを見る

正解率による考察2

2010年宅建主任者試験正解率に見る民法の考察 一部を除き民法は捨てよ!です。 いきなり何を書くのだと思う人もいるでしょう。 私は、短期合格する上で基礎の重要性と広く勉強することが必要と思い

続きを見る

正解率による考察

2010年宅建試験正解率に見る勉強方法の考察 2010年度の宅地建物取引主任者試験の正解率が出ています。 この成果率で、勉強方法の確認を行いたいと思います。 正解率を詳しく見ていくと、勉

続きを見る

宅建勉強手順3,4

手順3:通して解く 各科目が一通り終わったら、全科目通して解いていきましょう。 民法などは、正解率が上がらない可能性がありますので、あまり正解率を気にしないで、ここは大丈夫という科目を増やして

続きを見る

宅建学習手順2

手順2:2回目からは反復練習 過去問を一通り重要問題を読んだ後は、問題と解答をセットで記憶していきます。 特に重要な宅地建物取引業法は何度の繰り返し覚えるようにしてください。 一問一答問

続きを見る

宅建勉強手順1

過去問学習のすすめ まず、一回目の過去問演習を行ってください。 この時の学習方法は 過去問を解くことを目標としない。 深く悩まず読み飛ばす。 間違ってもマークしたりしない。

続きを見る

基本書を手放せ!

基本書を手放せ! 私は最初、試験の勉強は基本書(教科書)を読み、どれだけ覚えたかを問題を解いてテストし、覚えていなければもう一度基本書を読むと言うものでした。 所が、何回基本書を読んでも間違え

続きを見る

本当に出題される問題とのギャップを知る

実際にはこう出題されるのか!?が大事 実際の出題問題は、法律条文や政令を全て暗記していても解けません。 資格問題独特の問われ方をされます。 この出題のされ方で法律を覚えていくだけで合格ラ

続きを見る

宅建資格試験は過去問から勉強しろ

過去問学習のすすめ 私は、過去問を中心に学習することをお勧めしています。 では、具体的な学習方法としてどのようなものがあるかというお話になります。 過去問学習の利点は質問を自らにすることで、

続きを見る

宅建資格試験攻略は基本問題を攻略すべし!

基本問題をマスターすれば合格する。 あなたは記憶力抜群ですか? 理解力が抜群? 宅建主任者試験は簡単だって言われました? ひょっとして、あなたは法学部卒業ですか? 長年不動産

続きを見る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
借金整理

最近の弁護士や司法書士の仕事の中で、債務整理が増えていますね。

no image
プロが選んだ手帳ベスト5 まつこの知らない世界で紹介

そろそろ手帳を買い換える季節! 1年の計画をたてるためにも手帳は必需

no image
宅地建物取引主任者が宅地建物取引士へ

宅地建物取引士へ衆議院可決 宅地建物取引主任者の名称を宅地建物取引士

no image
宅建合格者だからこそ登録できる競売不動産取引主任者

できて間もない資格競売不動産取引主任者とは 競売はご存知でしょうか?

宅建業
2014年度 宅建試験日程決定

2014年度 宅地建物取引主任者試験実施を10月19日に決定 不動産

→もっと見る

PAGE TOP ↑