隙間時間を利用して勉強しましょう

隙間時間活用しよう。

皆さん、今何をされていますか。

私は、宅建主任者を取得した当初も今もサラリーマンです。

他の、受験者さんより恵まれた環境です。

それは、帰宅時間です。

かなり早く自宅に帰ることが可能なので、勉強しやすかったですね。

その後、外回りをするようになり、帰宅時間は一気に激減。

取れるときに取っておいてよかったと思いました。

ですから、時間のある方は今のうちに資格試験にチャレンジすることをお勧めします。

別に、宅建主任者でなくてもいいと思います。(宅建主任者お勧めですが・・・)

情報処理でもいいですし、簿記でもいいです。

もっと難関の税理士や司法書士なら、なおよしです。

そんな時間ないよって方、本当に時間内ですか?

実は、外回りして帰宅は遅くなりましたが、時間は外回りのときの方があったんです。

音声にして隙間時間を攻略!

外回りとなって、帰宅が遅くなり、机の前に座る時間が減った私でした。

しかし、この時期毎週10冊近いビジネス書を読んでいたんです。

資格試験の勉強はしていませんでしたが、読書していろんな勉強をしていました。

外回りをされている方は当たり前の事だと思いますが、移動時間が多いものです。

例えば、営業で顧客先へ訪問。

社用車で訪問するときの車の中。

電車で訪問するときの電車の中。

お客様とのお約束の時間までの待ち時間。

こんな時間ないですか?

私は、そんな空き時間にビジネス書を読んでいました。

確かに、営業に複数人数で行く方は空き時間ないかもしれませんね。

先輩と話したりしますから。

それ以外にも、お客様に話す内容、プレゼンの資料のチェック、実際に色々な事を考えていて、勉強する時間無いよ。

確かに、そうかもしれません。

現在の仕事に満足して、没頭し集中することは良い事だと思います。

しかし、現在の仕事に満足できていない、リストラが不安で何かしたい、スキルアップに必要。

そんな事を考えている方は、隙間時間を利用しない手はありません。

鞄の中に必ず問題集を忍ばせておいて、待ち時間の間何問か解く。

それだけでかなりの問題数をこなせます。

お昼の時間、ファミレスに入って料理が来るまでに何問か解く。

いろいろ出来るのではないですか。

特に、通勤の電車の中、移動の電車の中は問題を解くチャンスです。

最近では、iPhoneなどの携帯端末が普及しています。

携帯端末の中に問題を入れておけばスケジュール確認するふりして何問か解けますね。

更に、ICレコーダーをご存知でしょうか。

ポケットに入るぐらいの大きさで何百時間も録音可能なレコーダーです。

iPhoneにも録音可能ですよね。

問題を音声にしてしまえば、車を運転しながら問題解けます。

いろんな所で問題解くことが出来ますので、お勧めですよ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です