AVIVAの宅建講座

過去問集は一から解くな!宅建主任者試験受験ストーリー

公開日: : 資格取得ストーリー

理想的な過去問集。
一問一答問題を解くと、詳しい解説があり、それを読んでいると基本書読みと同じになる。
さらに、重要な問題から解けるようになっている。

こんな問題集。
しかし、この問題集でさえ、ページ順に解いて行ったほうがいいかは疑問です。
私は、ウォーク問の最初から解いていきました。

最初は何か?
もちろん民法です。

民法は大切だと思います。
ちゃんと理解ができたならすごい武器となります。
宅建主任者試験だけに留まらず、行政書士、司法書士、マンション管理士などなどの難関資格試験にも民法は必修です。

しかし、この民法、非常に厄介です。
明治に書かれた民法は、口語訳でも読まないと、何を言っているのかすらわかりません。
口語訳を読んでも曖昧で判りにくい。
時間がたっぷりあったなら、民法をじっくり勉強することをお勧めします。

ところが、私には時間がありませんでした。
過去問勉強法に切り替えてから、少し進んでいた勉強です。
が、民法が行く手を阻みます。

結構な時間、民法の勉強に費やしましたが、民法の正解率はさほど上がりません。
このままでは、出題範囲の極一部しか勉強できない事になります。
そう、私は完全に宅建主任者試験をなめていたのです。

この時、時間切れ不合格って事が頭に浮かびました。
今まで、通過点って思っていた資格に叩きのめされているのです。
ここに至り、合格したいと本気で思うようになりました。

それからです、出題範囲を見直したのは。
どの教科が出題数が多いのか?
どの範囲が毎年出題されるのか?

方向転換の時でした。
まずは宅建業法!
心に決めました。

スポンサーリンク

関連記事

a0002_008023

基本書読みの々辛い日:宅建主任者試験受験ストーリー

宅建主任者試験の受験を決心して、勉強を始めました。 本命試験は司法書士ですから、共通する試

記事を読む

宅建主任者資格試験

頭のシステムを生かせ!:宅建主任者試験受験ストーリー

基本書を読んでも眠さが収まらない。 少しも知識が入ってきている気がしない。 遅々とし

記事を読む

no image

眠くならない、宅建主任者試験勉強法:宅建主任者試験受験ストーリー

人は受動的な時に眠くなる。 そんな気がします。 能動的に行動しているときは眠くなりにくい。

記事を読む

資格取得の動機

資格勉強のきっかけは?:宅建主任者資格受験ストーリー

人が行動するにおいて、動機って大切ですよね。 資格取得に一番大事なもの何だと思いますか? そ

記事を読む

no image

完璧を求めるってことも禁物:宅建主任者試験受験ストーリー

前回の記事で、すぐに宅建業法へシフトした、見たいな事を書きました。 すみません、嘘ついていまし

記事を読む

a0002_006291

資格試験も断捨離が大事:宅建主任者試験受験ストーリー

私は、宅建主任者試験勉強の初期、凄い間違えを犯しています。 なぜ、そんな間違えをしたのだろ

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
借金整理

最近の弁護士や司法書士の仕事の中で、債務整理が増えていますね。

no image
プロが選んだ手帳ベスト5 まつこの知らない世界で紹介

そろそろ手帳を買い換える季節! 1年の計画をたてるためにも手帳は必需

no image
宅地建物取引主任者が宅地建物取引士へ

宅地建物取引士へ衆議院可決 宅地建物取引主任者の名称を宅地建物取引士

no image
宅建合格者だからこそ登録できる競売不動産取引主任者

できて間もない資格競売不動産取引主任者とは 競売はご存知でしょうか?

宅建業
2014年度 宅建試験日程決定

2014年度 宅地建物取引主任者試験実施を10月19日に決定 不動産

→もっと見る

PAGE TOP ↑