資格試験も断捨離が大事:宅建主任者試験受験ストーリー

私は、宅建主任者試験勉強の初期、凄い間違えを犯しています。
なぜ、そんな間違えをしたのだろうって、今は思います。

そう、間違えの最たる物は情報の不足です。
宅建主任者を取得しようとしているのに、試験の内容を知らない。
そんな中で基本書読みをしても、いったい何を覚えて良いのかもわからないのです。

自分が受けようと思っている資格試験の情報は取得しておくべきです。
そして、どこをどう学習するかを考えてから勉強を始めないと時間を無駄にします。
一番重要な事は、断捨離!
断捨離ことば使わせて頂きますが、資格の勉強には断捨離が必要。

資格は言ってみれば受かってなんぼ!
凄い知識を持っていても受からなければ意味が無いのです。
だから、捨てる事、しない事が重要になります。

試験に出ない事をいくら学んでも時間の無駄以外に何者にもなりません。

そう思って考えてみると、情報収集にもやり方があります。
まず、捨てる所を探すのです。

ところが、ほとんどの人は宅建主任試験にでない所を調べてしまいます。
こんな問題も出たんだ!って。
えっ、それ昔に一回出ただけだけど・・・って所を。

この頃の私は、基本書を読んでました。
宅建主任者以外でも資格試験を受験していたにも関わらず、基本書を読むなんて(笑

以前に取得した資格に、学生時代に取った第二種ME検定と、測量士補がありました。
ME検定はさて置き、測量士補は全く専門外です。
しかし、一度も書籍を読む事無く合格しています。
過去問オンリーでの合格です。

この経験を生かし、宅建主任者資格試験に挑むべきだったのです。
しかし、勉強開始初期の私は、基本書等を読んでしまいました。
その先にある、司法書士を受験する為には、基本書を読まないとって思っていたってことが大きな理由でした。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です