知的財産権とは?

知的財産が注目されているって言われています。
さて、知的財産ってなんでしょうか?
最も有名な知的財産は、発明などの新たな発見を登録しておく特許でしょうか。
特許は、特許法で規定されているもので、発明=自然法則を利用した技術的思想のうち高度なものだそうです。
特許以外にも、一般に発明家と呼ばれている人たちが登録する知的財産に、実用新案があります。
実用新案は、実用新案法で規定されています。
考案=自然法則を利用した技術的思想の創作で、物品の形状、構造、組み合わせに係わるものとなってます。
更に、意匠権ってものがあります。
意匠は意匠法に規定されていて、意匠=物品の形状、模様もしくは色彩またはこれらの結合で、視覚を通して美感をおこさせるものってことです。
更に更に、商標ってものもありますね。
商標は商標法に規定されています。
商標=文字・図形・記号・立体的形状、もしくはこれらの結合、またはこれらと色彩の結合となっています。
この4つが工業所有権です。
これらの権利とは別に、著作権も知的財産です。
著作権は、著作権法により規定されています。
著作物=思想又は感情を創作的に表現したもので、文芸、学術、美術、または音楽の範囲に属するものです。
著作人格権ってのもあります。
公表権、氏名表示権、同一性保持権、一身専属権などです。
著作財産権
複製権、上演権、放送権、口述権、展示権、上映権、貸与権、翻訳権など

スポンサーリンク


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です