ネットで見つけた宅建合格者体験記1

独学では無く、スクールに通って合格を勝ち取った方の体験談を発見しました。

「勉強は過去問中心でした。

分からなくてもとりあえず考えて解いて、しっかり答えを 理解するように心がけました。

はじめはキツかったですが、繰り返し解いていくうちに 次第に解答できるようになって、知識が身についていくの が肌で感じられました。

同じ問題を2回3回解いていくと、自然と知識の整理も できるようになっていきました。」

との事です。

やはり合格者のかたは、過去問の重要性がはかっておられますね。

 

そう、最初はわからなくても、ちゃんと考えて問題に向き合います。

問題に向き合う事で、集中しますから、その後に読む解説文の吸収が違います。

解説文こそが命。

基本書を読んでいるだけでは理解し難い点が、問題を考えた後なので、具体的にわかるんですね。

こういう尋ね方されるのかって。

 

過去問をおろそかにしては、合格する事はできません。

石の上にも3回。

三回は解いてみましょう。

スポンサーリンク


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です