宅建主任者試験、不況背景か?志願者増加!!

不動産適正取引推進機構は、2012年度試験のインターネット申し込み受付状況を発表。

それによると、申込者は7月19日現在、5万1105人(速報値)で、前年度の4万7042人に比べて4063人増となっているそうです。

やはり、不況が続く中、確実に雇用需要が見込める宅建主任者資格を目指す人が増えているのでしょうね。

さらに、賃金も上がっていないため、資格手当て狙いって事もあるでしょうか?

 

不況時は歩合などで、宅建主任者を持っていなくてもかなり稼いでいた営業マン。

不動産営業マンです。

ココに来て、不動産の売れが鈍化すると歩合は減ります。

 

歩合以外は基本給が低い不動産系営業マンが少しでも足しにと資格手当てに向かった!

とも、考えられます。

あくまで大胆予想ですw

 

とりあえず、資格手当てはこちらを参考にしてください。

高いぞ資格手当て

 

そろそろ、試験の申込みも終わりに近づいています。

インターネット申込みは終了。

後は郵送のみです。

郵送のでの申し込みは、7月31日消印有効です。

 

宅建主任者試験受験生の皆さん、頑張ってくださいね。

スポンサーリンク


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です