宅建から派生可能資格!マンション管理士

現在は、マンションに住んでいる都会の人たちは多いことでしょう。
好立地の土地に住もうと思うと、どうしてもマンションになります。

更に、使い勝手のよさなどもマンションの特徴でしょう。
そんなマンションも、永久に立っているものではありません。

形あるものは何時か壊れる。
個人の持ち家であれば、修繕も立替も個人で行います。
しかし、マンションとなると修繕するにも立て替えるにも住民が合意の上で行う必要があります。
マンションには管理組合が存在します。

管理組合の管理者等又はマンションのオーナーなどの相談に応じ、適切な助言や指導、援助等のコンサルティング業務を行う。マンション管理のスペシャリストとして、主に管理組合の立場でマンション管理に関する様々な問題の解決をサポートするのがマンション管理士です。

マンション管理士は、宅建と試験の出題項目に重複があります。
だから、宅建のダブルライセンスとしてのマンション管理士も考える事ができるでしょう。

マンション管理士も需要のあるライセンスです。
企業(マンション管理会社)などから、資格手当てが出ることがありますよ。

受験資格
年齢、学歴、性別などの制限なく誰でも受験できる

試験内容
筆記試験4肢択一50問
1.マンションの管理に感する法令および実務に関すること。
2.管理組合の運営の円滑化に関すること
3.マンションの建物および付属施設の構造および設備に関すること
4.マンションの管理の適正化の推進に関する法律に関すること

試験日
11月下旬

申込み期間
9月上旬~下旬

受験料
9400円

スポンサーリンク


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です