中高年の「宅建講座」タウンニュースが紹介

中高年の宅建取得希望者が増えているそうです。

タウンニュースによると、宅建の取得希望者は、多くが中高年で、定年後に独立したい、転職を有利にしたいと言う理由で取得を希望している人が多くなっているとの事です。

なんと、全体の70%が40歳以上と言うことです。

確かに、最近の世間情勢を見ると、老後の生活に不安を持つ中高年が増えても仕方の無いことです。

まず、年金の至急年齢が引き上げられます。

65歳までは働かないといけない事が確定となりつつあります。

65歳を過ぎて、現在の職場に同じ条件で残留できれば問題は無いのかもしれません。

しかし、再雇用などの形となり、実質賃金が下がる会社がほとんどです。

まだ再雇用されるとましかもしれません。

60歳以降は別の会社で働かないといけなくなる可能性も大きいでしょう。

そうであるならば、定年後は自分で事業をおこしたいと思っている中高年が増えているのです。

しかし、なんの足がかりもなく独立できる人は居ません。

これまでの人生で培った人脈で独立する人が殆どです。

なんの人脈もない人は、資格で独立と考えている人が多いと言うことです。

宅建は、需要に比べれば難易度も高いと言うわけではありません。

宅建の需要が上がって当然ですね。

私も宅建を取得した切っ掛けは、もしもの時に宅建で転職や独立できないかと考えたからです。

現在は、SNSの時代。

人脈や情報はその気になれば集める事ができます。

自分に武器があれば、人の輪の中にも入りやすく、儲かる情報にもアクセスしやすくなります。

宅建と言わず、資格に挑戦するのは今しかないかもしれませんね。

そんなおり、職能研修会が各地でミドル・シルバーを対象にした「宅建資格取得講座」を開催すると言う事なのです。

関東の各地の市民センターなどで実施されており、独学では自信がないって人にはいいかもしれません。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です