一科目一科目を合格レベルにしていくことが合格への近道

忘れる事を恐れていませんか?
私は恐れていました。
だから、結構全科目一気に勉強してたんですね。
過去問を何度も解く。
そして、素早く解く。
すると、極短時間で一通り勉強できるようになります。
うん、しかし、改めて考えると非効率かもしれませんね。
1回目-2回目このあたり、1回目も2回目も勉強している感覚はおなじでしょう。
1回目の学習を忘れているために、再学習であるにも係わらず初回の雰囲気になるのです。
同じ問題を繰り返しやる時に、ほどより間隔で行ったほうが覚えやすいと思うんです。
過去問をある範囲と決めて、そこを繰り返し間違えなくなるまでやる。
範囲は、目次などで小分けにされている部分でいいと思います。
すると前の記憶があるので答えが自分の頭から出てきます。
この自分の頭から出てくるのが大事です。
今やったんだから当たり前って思うかもしれませんが、自分の記憶から答えが出てくる回路ができたわけです。
これを繰り返し、その単元だけでも合格できるぐらいの状態にして次へ行く。
その方が効率的のようです。
小単元が攻略できたら、少し範囲を広げて中単元を攻略する。
そして、科目で合格できるぐらいにする。
もちろんその後は通しでできるぐらいの速度が必要です。
見た瞬間答えが出てくるぐらいに昇華させましょう。

スポンサーリンク


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です