一点合格法は理にかなっているように思う。

山本浩司一点合格法は的を射ている

資格の神様と呼ばれている人は何人かいます。

そんな人物の一人、早稲田セミナーの講師山本浩司氏。

今、山本氏の著書を読んでいます。

その名も、宅建一発合格塾!

この中で、どんな試験でも使うことができる勉強法。

そんな、勉強法が紹介されています。

 

と言うか、本当に冒頭部分です。

 

そう、私も忘れる事を恐れて、一通り通しでべんきょうしてしまっていました。

しかし、山本氏が言っています。

 

一点合格勉強法が全ての試験勉強に応用できると。

 

考えてみると当たり前かもしれません。

例えば、通しで全科目を勉強するとします。

すると、確かに出題されている問題を忘れるまでにもう一回解けるかもしれません。

もう一回やることで忘れないでしょう。

しかし、ただ忘れないだけです。

 

忘れないという点も、ある意味深く定着した記憶は忘れにくいですよね。

 

さらに、問題を解いているときに引っかかった点や少しあれって思った点。

こんな、ちょっとした気づきが違う分野に行くと消えてしまいます。

ところが同じ科目を何回も解くと、気づきが確信に変わります。

大げさかw

気づきも何回も気づく事になります。

すると、例えば「あっ、この問題毎年出題されているんだな」とか、

「あっ、この問題、こう変えられてここで出題されている。」

とかが見えてきます。

 

受験生の皆さん、一科目の一項目を合格レベルまで深める。

そして、次へと勉強してみましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です