アベノミクスで宅建主任者の資格需要増大か?

安部政権の経済政策で、大型名金融緩和が行われています。

住宅減税も延長され、国債を日銀が引き受けすることが明らかになっています。

減税の効果と、消費税の駆け込み需要で、住宅需要が増えると見られています。

住宅業界は、活気を取り戻しているため、宅建の需要が増大しているとユーキャンは見ています。

安部政権はインフレターゲットを設定し、金融緩和政策を実施しました。

これと同時に、公共事業の拡大を行い、その財源として建設国債の発行を行うと言ったため、日本の財政の更なる赤字化が懸念され、長期金利が上がると見られていました。

長期金利が上がるので、住宅ローンを組むと大変ですよってフレーズがネットでも蔓延していたのです。

住宅の需要は、国の景気を図るバロメーターでもあり、景気のけん引役でもあります。

アメリカの住宅着工件数発表で、アメリカドルの価格が大きく変わるほどです。

安部政権は、金融緩和を行い、円を安くして、輸出企業に利益をもたらすように仕向けました。

この方策のおかげで自動車産業などでは収益が改善し、従業員に一時金を出せるまでになりました。

実際に国民に多くのお金が回るのは少し後だとしても、明るいニュースは人々の財布の紐を緩め、お金の流れができることで景気が上向きになる起爆剤となります。

ところが、長期金利の上昇は、けん引役の住宅需要に水を差します。

そこで、大量の日本国債を日銀が引き受けるという策に出たのです。

投入される資金は1兆円規模。

為替介入以上の効果が債券市場に働きます。

為替市場より少し緩やかな動きをする債券市場ですから、日本国債買い支えにより、需要と供給のバランスで金利も下がると言う効果が期待できます。

債権が持ちこたえれば、長期金利は下がり、住宅ローン金利も現状を維持できると思われます。

すると、ブレーキがかかるかに見えた住宅市場も活気を呈していくと思われます。

住宅市場が活気を取り戻すと、宅建主任者の需要も増えるというわけです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です